注:あくまで個人的な見解、意見ですので参考にしないでください!
  興味等無い方はスルーでお願いします。
  本件に関する意見は大歓迎でーす!コメ下さい。


CGYでスワッシュレートとかピッチレートの数値が大きくなるのはメインローターヘッドの高さやピッチアームでの関係性を簡単に検証してみました。
(画像はPSCがめんどかったのでスマホ撮影ですませたのでお許しを
3cd91ec3.jpg




これに対して15㎜低くして確認。


0746b052.jpg

99eb5bb6.jpg



更に低くして確認。


3e84b98a.jpg

2ddfc199.jpg



やはり予想通りヘッドを低くすれば同じ角度ローターを傾けるのにスワッシュの傾きが増えて行きますね。(リンケージがスワッシュ側で鈍角になるからあたりまえか?)


念のため、ピッチアームを旧式+スペーサーでも確認(4㎜短くなる設定です)


5fa9783b.jpg

d8bc669a.jpg



こんな感じです。スワッシュの必要な動作角度は当然少なくなってますが、
スワッシュの上下の角度差が大きくなりますね。


角度差はやはりオフセットタイプのピッチアームの方が良いですね~
オフセット角しだいで機体の味付けが出来るって事かぁ???


ついでに参考まででピッチ方向のスワッシュ移動量の比較を

d2becd56.jpg

99e485e3.jpg

87786924.jpg




これはピッチアームのオフセット角の影響は殆どなくアームの長さだけですね。
当然か(笑)



ん~~~、この結果からF3Cピッチアームで標準のローハイトローターハウジング使って
CGYのスワッシュレートが62%より低くできるのはなぜ?


何か間違ってる設定があるんかなぁ???迷宮入りしてしまった・・・