ハイワイドのラジヘリ珍道中~「ホバる!」

目指せ!「F3C!!」 超初心者がF3Cに挑戦する道のりと普段の出来事等を綴ります。

超初心者がF3Cに挑戦する道のりと普段の出来事等を綴っていきます。

CX-3X1000

漸くアップデート(^^;

激安ジャイロのCX-3X100のファームの事ですが
 
 
なにげにKY ModelのHP徘徊してたら、リリースされてましたね!
 
 
V2.1のbinファイル('∇^d)
 
 
タロさんのファーム入れたり消したり、結果、初期型しかタロさんのファーム入らないと言うオチ・・・
 
 
アップデート内容は
 
 
f505cbb2.jpg

 
 
ハードフライトのパフォーマンス向上とピルエットの安定性向上を行った様子。
 
 
違いの分かる遠藤周作にはなれないハイワイドですので、どなたか検証レポお願いしまーす!
 
 
手持ちの放置CX-3X1000、暇なときに一応、アップグレードしときましょうかね~(笑)

CX-3X1000設定の続き

一昨日からの激安3軸ジャイロ「CX-3X1000」のセットアップの続きです。
 
スワッシュタイプの設定まで終わっているので、サーボのニュートラル調整からです。
スワッシュの動作を確認して正しく動く様に各サーボをリバーススイッチを使って設定します。
ここだけではどうしても設定できない場合は送信機のリバース設定を行えば良いかと思います。
 
左の3本のバーは各サーボチャンネルを単独で調整する事が出来ます。
「Collective」は3サーボ全部を同量動かす場合に使います。ピッチのアップ・ダウンのピッチ調整する為と思います。
「Cyclic」はエレベーターとエルロンの調整用です。シーソの様に動きます。これもエレベーターとエルロンの左右のピッチ調整用と思います。
8029cbb4.jpg

これらの事を頭にいれてスワッシュレベラーを使いニュートラル時の調整を行いました。
f0f34894.jpg

ここで疑問が!通常ですとアップ時、ダウン時のスワッシュもEPAを使い調整するのですが調整項目がありません。
3軸ジャイロなのでアップ時、ダウン時はジャイロで姿勢制御するから不要なのでしょうか?
ご存知の方、ご教授頂けると幸いです。
 
余談ですが、6CHレシーバーで外付けBECを使う場合にYハーネス等を使うと思うのですが、ジャイロ君にBATポートがあるのでESCの+線をオミットするだけでOKなのです!
 
ではNext
d7c4f4f8.jpg

サイクリックのピッチ調整です。
注記では「エルロン・エレベーターのエンドぽんとまでスティックを動かし緩衝しない様に調整しないさい」のような事が書かれていると思いますが、可能な限り大きくピッチを取ると「ヤバイでしょ!」って程、傾きます。
だから、とりあえずエレベーター・エルロン共に10°にしてみました。
パチ男は8°ですが、一般的にはどれくらい取るのが良いとされているのでしょうかね・・・
 
ここの数値ですが、調整してFinish押して書き込んでも、また調整しようとロードしてセットアップ画面を開くとデフォルトの数値になってます。が!書き込んだ数値は有効で画面上の表示だけ違うようです。バグだと思います。(気が付くまで数回、同じ項目の設定をさせられました(笑))
 
さてさてNext
ada287dc.jpg

コレクティブピッチ調整です。
注記は「あなたのお好みになるようにアップ・ダウンのピッチを変更してね」のような事が書かれていると思います。
 
画面の11°は11°に調整しなさいって事ではないようです。
デジタル・ピッチゲージを使いニュートラル時の0調整です。
ピッチゲージの0出しは、ヘッド上部に乗せて行ってます。
0調整はターンバックル式とデジタルゲージで楽チンです(≧∇≦)ъ
a3447997.jpg

 
私はピッチ角12°で設定。
 
Nextです。
389bc0b5.jpg

ラダーのニュートラルとエンドポイントの調整です。
注記は
1.ラダーサーボを動かしテールローターブレードが正しく動く様にリバースボタンを使って設定しなさい。
2.サーボホーンとリンケージが直交するようにトリム調整を行い、リンケージ長さをメインローターのトルク補正を行う方向にテールピッチ約8°付くように調整する。
3.AVCSモードにしてラダースティックを左右のエンドポジションまで動かし各方向で緩衝が起きないように「テールリミットA」「テールリミットB」で調整する。
のような事が書かれていると思います。
 
テールローターのピッチ8°って設定難しいですよね・・・
私は現在、割愛。後で調整します。
 
ふう~Next!
0fc976f1.jpg

ジャイロ補正方向の確認です。
機体をロール・ピッチ・ヨー方向へ各動かしジャイロ補正の向きをリバースボタンを使って正しい方向へ調整します。
 
Next!
095d69ab.jpg

ピルエット・オプティミゼーションの設定です。
注記
1.「Check optimization direction」をクリックして下さい。スワッシュプレートが一方向に傾きます。
 これでスワッシュプレートが羅針盤を考えることが出来ます。傾斜方向が羅針盤の向きです。
2.ヘリコプターを持ち上げてメインシャフトが90度回るように回転させます。
 スワッシュプレートの羅針盤の向きを確認してください。
3.それが方向を維持している場合は「Optimization direction」の符号が右です。
4.それが反対向きなったら「Optimization direction」を反転させます。
5.完了したら「Quit check」を押してください。
6.設定が40秒以内に終わらないとき、スワッシュプレートは戻ります。その時は「Quit check」を押して「Check optimization direction」からやり直してください。
 
妙な日本語ですが、このような意味合いと思います。
 
確認と設定をして「Finish」をクリック!お疲れ様でした。セットアップ終了です。
 
 
初期画面に戻り「Advance Menu」を押せば詳細設定画面が出ます。
5cee0b11.jpg

これは、おいおい飛ばしながら設定しようと思います。
 
初期設定はここまでです。まずは、とのかく腕を磨かないといけません(笑)

CX-3X1000設定開始~

USBプログラムケーブルが届いてかなり経ちますが、本日、時間が出来たのでパチ子搭載の激安3軸ジャイロ
「CX-3X1000」を設定開始です。
 
忘れないうちに書きます。TAROTのZYX用ソフトはCopterX USBでは接続できませんでした。ドングルのIDが違うのでしょう。
 
でわ早速!
PC設定ソフト、CopterX1.0を起動します。
f71614ea.jpg

受信機、ジャイロ、USBケーブルを各接続して受信機電源を入れます。ジャイロ3LEDが点滅しイニシャライズして赤か青のLED点灯を待ちます。(多分ですが、水平な台の上で極力振動させない方が良いと思います。)
続いてConnect CopterXボタンを押してNon Connect(赤)からConnect(緑)に表示が変われば接続完了です。
※後でも触れますがサーボの選択を行っていない場合はサーボは接続しない方が良いらしいです。
 
Set Upボタンを押します。 ステップByステップで始まります。
0df23162.jpg

注記と参考設定です。
ここ要注意です!
注記1:送信機のスイッチを入れて新しいヘリコプターモデルを作ってください。
     そして、トリム・サブトリム等は全て0に設定。スワッシュタイプは
     「フタバ:H1」、「JR:1サーボノーマル」、「AURORA9:1サーボ90°」を選択。
注記2:テールに関するミキシングは全てオフにし、コレクティブピッチは直線にする。
注記3:割愛
 
の様な事が書かれています。と思います。(適当翻訳ですみません・・・)
 
私、この画面気にもしてなく120°で設定を行っていて
 
「なんでこんな異様ででたらめな動きすんのぉ??こんもんなの?いやいやぜぇ~たいおかしい!」
 
数度、繰り返して気がつきました。いやはやお恥ずかしい・・・
 
それではNextクリック!
接続配線図です。
f6e49d18.jpg

この画面ってSetUp押した最初に欲しい気がしますが・・・
 
ではNextです。
35f38862.jpg

送信機のサブトリムでピッチ、エレベーター、エルロン、ラダー、テイルゲイン数値が全て0になるように調整します。
(スティックはニュートラル)
次に各軸を最大まで動かし、数値が100になるように送信機のエンドポイント、EPAを使って調整します。
 
しかし、ジー、ジーとサーボ君うるさいです。
 
センターと最大値の設定・調整ですね。
 
※参考までです。ヘッドロック時は赤点灯でノーマル時は青点灯です。ゲイン50(感度0)は無点灯)
e1c91653.jpg

2c5cca39.jpg

 
 
Next行ってみよう!
9437ff49.jpg

ジャイロの搭載向きの設定です。私は一番上のオーソドックススタイルなので一番上を選択です。
 
Netxです。
733c14e2.jpg

サーボタイプの選択です。
私はテールとスワッシュ共にデジタルですので上から3番目を選択です。
正直、E-MAXサーボを使っているのですが、スタンダードなパルスの1520μsと勝手に決めてます。
問題なく動くから良しです!(笑)仕様分る方、教えてくださいm(_ _"m)
ここの設定とサーボタイプが違うまま接続するとサーボ破損の可能性があるそうです。注意です。
 
サーボを繋いで設定する場合は先にココだけ設定して、初めから行うほうが良いのでしょうね。
 
Next
539a9aec.jpg

スワッシュタイプの選択です。
迷わず「120°CCPM」選択です。
 
ここから先は、スワッシュの設定に入りますのでサーボ接続は必須です。
そして、AURORA9君が「ピーピー」と残量低下の警告してます。残り9%です。
 
今日の設定はここまでです。送信機を満充電して続きを行います。
終了するときは必ず「Finish」を押してセットアップ終了です。
 
 
ここまでで、誤記、補足等が御座いましたら遠慮なくコメ頂けると嬉しいです。

PB002着弾!

何故か二つ頼んでしまったCX-3X1000のUSBプログラミングケーブルが着弾しました!
 
何時もの通りチープな梱包です。(値段的なものかECOを意識かはなぞです。
 
2個もいらないのでオークションへ出品でもしませう
 
COPTER Xの画面がこれです。
e71c7439.jpg

 
そしてTAROTの画面がこれです。
378e0cef.jpg

 
配置とアイコンが違うだけですよね???
これでパチ子の設定を行っていきますのでPB002でもTAROTのソフトが使えるか確認はしてみます。
 
ちなみにUSB to SERIALケーブルドライバーはファイル名が違うのですが同じドライバーです。
 
設定がんばりま~す!
設定について何でも良いので情報頂けるとたすかります

プロフィール

ハイワイド

このブログを見て頂いてラジコンヘリコプターに興味を持って頂けると良いですね~。
始めるのに「遅い」なんて無いですよ!

記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気